背伸びる成分として挙げられがちなのはカルシウムですねえ。
でも、カルシウムだけを摂取しても身長に与える影響は少ないでしょうね。

何事も「だけ」と偏るのは良くなくてバランスが大事になります。

まず必要なのはたんぱく質で、年齢に見合った推奨量は摂るように心がけてはいます。
忙しいと難しいんですが。

身長を伸ばすには、骨ができる仕組みが関わっています。
骨はまず端の軟骨から形成されていきます。

そして、軟骨がやがて硬質化することによって骨になり、その繰り返しで骨が伸びるので背が伸びるわけです。
この軟骨を作るために欠かせないのが主原料となるたんぱく質です。

もちろん骨を形成する上でカルシウムは必要な素材なので、摂らなくても良いというわけではありません。
ただ通常の食事を欠いてしまうと、身体は成長のために栄養をまわすことができません。

大切なのは日常生活におけるバランスの良い食事です。
そのうえで背伸びることを意識するのであれば、たんぱく質に重きを置くことになります。

背伸びる食べ物として知られているのは牛乳や海藻に小魚などです。
これらはカルシウムと同時にたんぱく質も豊富に含んでいます。

背伸びるために欠かせない2大要素を効率よく摂取できるため、
これらをプラスアルファで摂取していけば良いバランスですね。

空腹を満たすための間食などに、脂肪や炭水化物を多く含むものを食べるよりも良いでしょう。